現代社会におけるストレスの原因と解消法


ストレスで会社に行けなくなったらどう対処したらよい?



ファイルを持つ医師

ストレスが原因で会社に行けなくなった、という人は決して少なくありません。真面目で頑張り過ぎてしまう人、責任感があって周りに頼ることが出来ない人が掛かりやすい病気で患者数は年々増えています。その背景を受け、企業側としても手厚い補償を設けているところが多くなってきました。

風邪をひいているわけではないけれど、会社に行きたくないと強く望む場合はうつ病にかかっていることを疑いましょう。うつ病は1人で悩んでも治ることはありません。精神科、もしくは企業で指定している産業医に相談することが重要となります。仕事、対人関係での悩みや愚痴を吐き出すだけでも楽になるかもしれないので、うつ病を疑ったらまず最初にやっておきたい事ですね。ただ誰かに話を聞いてもらうだけで症状が落ち着き、場合によっては会社に行きたくない、と思う事も少なくなるかもしれません。

相談しても気持ちが晴れない、会社に行きたくない気持ちが強くて収まらない、という場合は主治医が休職を必要と診断することもあります。その際、主治医から診断書を書いてもらい休職届を申請すれば一定期間は休めるはずです。ただ、全ての企業で取り入れている保障ではないので制度があるかどうかは事前に総務などに聞いてみると良いでしょう。保障制度が完備されている企業であれば、休職中も給与補償を受けることが出来るので治療に専念することが出来ると思います。

しかし、いざ休職したとしてもやっぱり仕事のことを考えてしまうものですよね。会社で噂されているかも、復職するまでに完治しなければ、引き継いでもらった仕事は大丈夫だろうか、いろいろと心配することはあるかもしれません。気持ちは分かりますが、休職中は徹底して休むことだけを考えましょう。また、生活リズムは崩すことなく規則正しい生活を送るようにすることも大事です。食事はきちんと食べる事、気晴らしに散歩をするなど適度な運動を心がける事、そして午後3時からの昼寝は避けて夜は十分な睡眠を取るようにしてください。