現代社会におけるストレスの原因と解消法


ストレスを感じやすい職業とは?



パソコンを使うビジネスマン

世の中にはいろいろな職業が溢れかえっていますが、ストレスを感じやすい職業というのはあるのでしょうか。予想としては営業や保険、それに公務員や教師などノルマがあったり、お堅いイメージがある職業はストレスを抱えやすそうですが実際のところはどうなのでしょう。これから就職活動を始める人、転職を考えている人は1つの資料として参考にしてみるのも良いかもしれません。

いろいろな職業がある中で最もストレスを感じやすい職業に挙げられているのは、クリエイティブ職です。クリエイティブ職とは、クライアント先の要望に応えながら利益を生み出す商品や企画を生み出す職業のことを言います。少し意外かもしれませんが、納得もできますよね。能力が無ければ出来ない仕事ですし、クライアントに満足してもらわなければいけないというプレッシャーもあります。結果が出なければ仕事としてやっていくのは難しいですし、専属のクライアントが付くまでは不安定な職業なのです。クリエイティブ職の次にストレスを感じやすいと挙げられている職業は公務員です。一般市民からはたたかれる対象にもなっていますし、公務員なんだからしっかりしなければいけないというプレッシャーもあるのだと思います。また公務員の中でも教師という職業が最もストレスを感じやすく、保護者への対応や子供たちへの指導方法の迷いなど、抱える問題は山積みのようです。公務員に次いで、サービス業や販売業、それに営業や企画、金融に保険、マスコミと挙げられていますが、この辺にくると大差はないでしょう。

ストレスの度合いや感じ方は人それぞれ異なるので、必ずその職業に就いたからと言って誰もが大きなストレスを感じるというわけではありません。ストレスを感じる頻度やプレッシャーなどあらゆる面を考慮しながら挙げるので該当の職業に就いているけれどさほどストレスを感じない、という人も中にはいるはずです。あくまでも参考までに捉えてください。